債務整理にかかる費用を知っておく【シミュレーションしてもらう】

借金を法的に片づける方法

天秤

借金の減額か免除が可能

借金の返済に困っている方は決して少なくはありません。「借りたものは返さなくてはいけない」、これは常識ですが、あまりにも多額の借金を抱えてしまった場合は自分の生活もままならなくなってしまいます。そこで債務者の救済制度として、法的に借金を片付ける債務整理という制度が用意されています。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つがあり、債務額、財産、収入などの条件から最適な手段を選択します。大多数の債務者は任意整理を行っています。法律家が代理人となり、債権者に対して借金の減額交渉を行う方法です。これによって将来的な利息が免除されるため、現時点での元金+利息を完済すればOKとなります。法律家に依頼すると費用がかかるため、費用削減のために自分で債権者に交渉を行いたいなら特定調停を選びます。費用や手間の違いだけで整理内容は同じです。任意整理や特定調停では返済が難しい多額の借金を抱えている場合は個人再生があります。債務額の5分の1または100万円のいずれか多い額まで圧縮して、それを3年(最長5年)で完済することで、残りの借金が免除される方法です。そして任意整理や個人再生でも完済ができない場合は最終的に自己破産になります。裁判所にて免責が決定されれば借金は全て免除されます。特定調停以外は基本的に弁護士に依頼することになるでしょう。整理方法や条件に応じて変わりますが、弁護士費用は最大でも50万円〜60万円ほどになります。

Copyright© 2018 債務整理にかかる費用を知っておく【シミュレーションしてもらう】 All Rights Reserved.