債務整理にかかる費用を知っておく【シミュレーションしてもらう】

バッジ

弁護士に相談しよう

過払い金の請求は、債務整理に強い弁護士事務所かどうかで取り戻せる金額が変わってきます。また、完済している債権であれば着手金の費用は基本無料で行ってくれます。料金形態や債務整理に強い弁護士かどうかで依頼する事務所を決めることです。

男性

住宅は残したまま減額

任意整理は費用もあまりかからず手軽にできる手続きですが、借金の減額幅が小さいです。自己破産をすれば借金チャラにできますが住宅や車などを手放す必要があります。個人再生の債務整理であれば、住宅を手放さず減額できます。

弁護士

個人再生の手順

個人再生で債務整理をすると、弁護士費用が30万円〜50万円、裁判所への費用が30万円程度かかります。時間がかかる手続きで個人で難しい手続きですので、弁護士に依頼をすることで書類の作成や提出、裁判所への出廷を代行してもらえます。

天秤

借金を法的に片づける方法

債務整理には主に4つの方法が用意されています。条件に応じて最適な整理方法はかわりますが、特定調停以外は原則として弁護士に依頼することになるでしょう。そのため、弁護士費用も考慮しておかなくてはなりません。

スーツの人

借金で悩んでいる人へ朗報

債務整理の実績が豊富な弁護士に相談することで、背負っている借金を軽減できます。一人で悩んでいるだけでは借金問題は解決しないのが実情です。相談料などの費用が心配であれば、まずは一度無料相談だけでもしてみることをお勧めします。

生活苦で借金減らしたい

女性

弁護士に頼むメリットとは

生活が苦しくて借金を減らしたい、金融業者からの取り立てで精神的にも追い詰められている、こういったときに弁護士に頼むのがお勧めです。相談費用無料である弁護士が多いです。弁護士に依頼すると以下のようなメリットがあります。貸金業者からの督促をストップさせることができる、借金を減額させることができる、手続きに必要な書類の作成そして貸金業者との交渉を代行、訴訟へと移行したら裁判所への出廷も対応してもらうことができます。相談費用は無料の事務所が多数ありますので、債務整理を気軽に相談することができます。債務整理の相談の準備や申込み方法ですが、大手の法律事務所によっては公民館や会議室などを貸し切って費用無料の相談会を開催しているところもあります。そこで悩みを相談しながら担当となってくれた人がそのまま受任してくれることもあります。あとは、債務整理専門に行っている事務所をホームページ等で探します。メールや電話で面談予約を申し込みます。相談時に準備していった方がよいものは、借入先のキャッシングカード、債権者一覧表、預金通帳、印鑑、本人確認書類などです。相談時には、債務整理の手続きに関することや費用に関する説明を受けます。おおよそどれぐらい減額できるのかシミュレーションしてもらうこともできます。弁護士に依頼をすれば、あとは手続きや交渉を行ってくれ和解が成立するのを待つだけです。その間支払はストップしますが、和解成立後返済が再スタートしますので、それまで無駄遣いをしないように返済の準備をしておくことです。

Copyright© 2018 債務整理にかかる費用を知っておく【シミュレーションしてもらう】 All Rights Reserved.